[コラム] 新しい「移動の形」の夢を追い求めよう  2019.01.18
 新しい年が明け、今年は元号も変わりますが、世の中は、人口減少、少子高齢化、国際情勢の不透明感など、不安要素が増大しているようにも見えます。東京オリンピック・パラリンピック、大阪万博といったイベントも予定されていますが、その後の展望が描きにくいと多くの人が感じているようで、そうした不安や閉塞感を打ち破るような明るい夢を描きたいものです。
 交通・乗り物の世界ではどうでしょうか。自動車は今、変革期にあり、AI技術との融合等による自動運転や無公害化などの進化を遂げつつありますが、自動車はやはり自動車です。その円滑な走行には道路(車道)空間の整備と維持管理を続ける必要もあります。
 陸上の公共交通機関としては鉄道とバスが定番ですが、人口減少下でその維持が困難になる地方が続出しています。鉄道は200年以上の歴史を経て蒸気機関車から新幹線へと進歩してきた優れたシステムですが、通勤ラッシュに悩まされる大都市部でも建設コストの高さなどから新線整備、抜本的な混雑緩和や速度向上は困難な時代となっています。モノレールや「ゆりかもめ」などの新交通システムも、軌道の形は違っても定時定路線型の運行システムの基本は鉄道と共通です。
 前にもこの欄で書いたように、特に都市交通では鉄道やバスだけにとどまらない多様な交通機関があって良いと考えており、観光地にあるようなロープウェイやリフトの都市空間への導入もそのひとつですが、さらに柔軟な発想で全く新しい形の交通機関が現れても良いと思うのです。逆に言うと、鉄道と自動車の発明以来、今日まで交通の基本原理的な部分は変わっていないのではないでしょうか。
 斬新で奇抜な発想により、これまでの常識を打ち破るびっくりするような新しい交通機関のスタイルが登場することを期待したいと思います。ただし、そこで条件となるのは、安全性の確保とともに、環境への負荷を極小化すること、また、その整備や運営のコストをできるだけ小さくすることです。地方の町村部でも、最小のコストで必要な交通サービスが安定的に提供できることが理想です。軌道系システムの形をとるとしても、低廉で簡素な軌道や車両の形状などが追及されるべきでしょう。
 また、建物が高層化し、地中深くに地下鉄が通るようになっても、人の上下方向の移動手段はエレベーターかエスカレーターしかなく、この発明もその当時は画期的だったでしょうが、それに匹敵するような新たな発明がそろそろ欲しいところです。乗り降りの時は低速で安全、途中はビューンと高速で動くエスカレーター、あるいは、エスカレーターのように待たずに乗れるエレベーター、なんて、誰か発明、実用化してくれないかなあ。
 AIやIoT、素材など、進歩著しい技術をうまく活用して、高齢化時代にも安心して使える新しい「移動の形」が様々に生まれる・・・そんな夢が現実化する明るい未来を描いていきたいものです。


新交通システム「金沢シーサイドライン」(横浜市、野島公園駅付近にて)

■ トップページ


■ Column

今月のコラム

■ Back_number

2006年8月~2018年12月までのコラム集