[コラム] 「ある町の高い煙突」に寄せて  2019.07.17
 6月に公開された映画「ある町の高い煙突」を観ました。新田次郎作の同名の小説を映画化したもので、この小説は史実に基づくものであり、若いころに読みました。今回この映画を観ようと思ったのは、その実話の舞台が、私が若いころ3年ほど暮らした茨城県日立市だからです。
 日立市は日立グループの企業城下町で、その発祥の地でもあります。小さかった赤沢銅山を、後に「鉱山王」とも呼ばれた久原房之助氏が明治38年に買収し、所在地(日立村)の地名をとって日立銅山と名付け、日露戦争後から第一次世界大戦に伴う好景気を背景に大発展させました。因みに、日立製作所は、同鉱山の工作課長だった小平浪平氏が鉱山機械の修理工場として創立したものです。
 日立銅山は、阿武隈山地南端の山裾にあり、銅の増産に伴い精錬過程で発生する亜硫酸ガスによる煙害が、山上の中里村(現日立市内)入四間(いりしけん)地区等を襲い、農作物等に甚大な被害を与えることになり、周辺町村の農民たちとの対立も深刻化しました。そこで、入四間住民の関右馬允氏が中心となり、会社側との共存共栄精神による交渉を繰り返し、対策を模索していきました。
 山肌に山上に達する巨大な煙道(ムカデ煙道と呼ばれた)を建設したり、低い煙突を建てるなどの方策はいずれも失敗し、最終的に高さ150mを超える世界一の大煙突により排煙を高層気流に拡散させるアイディアが実行され、大正4年に完成し、これにより煙害の被害は大幅に軽減されました。
 この交渉から建設の過程を描いたのが小説、映画の「ある町の高い煙突」というわけです。映画の制作には、地元日立市や日立のグループ企業をはじめ多くの人や団体が支援を寄せたようです。
 日立鉱山は昭和56年に閉山しましたが、この大煙突は長らく日立市のシンボル的存在でした。私が日立市民だったのはちょうどこの閉山期にあたりますが、役割を終えてもこの煙突は常磐線車窓などからよく見え、シンボルであり続けたのです。しかし、平成5年、老朽化によりこの煙突は突然倒壊してしまい、約3分の1の高さを残すのみの姿となってしまいました。
 小説、そして映画では、関右馬允が関根三郎、久原房之助が木原房之助、小平浪平が大平浪平と名を変えて登場しますが、映画を観た私の感想は、時代に照らして話が「綺麗すぎる」というものでした。主人公の関根三郎が模範的優等生として描かれているほか、最大の違和感は、語られる言葉がほとんど現代の標準語であることです。愛すべき茨城弁がほとんど聞かれませんでした。私が住んだ昭和50年代でさえ、強いカルチャーショックを感じるほど地域は茨城弁で満たされており、独特な尻上がりの口調は、慣れれば親しみが湧き、気づけば自分も茨城弁を使っているというものでした。
 これを含め、時代に照らして全体に泥臭さが乏しく、ストーリーとして必要なのでしょうが、ラブロマンスの挿入も無理があるように見えてしまいました。愛するゆえの辛口批評ですみません。
 今の日立市は、人口減少に見舞われるとともに、かつて繁華だった商店街も灯が消えたように寂しくなっていて心が痛みますが、それでも茨城県は私の第二のふるさとなのです。


映画「ある町の高い煙突」のPRパネル
(有楽町スバル座にて)

■ トップページ


■ Column

今月のコラム

■ Back_number

2006年8月~2019年6月までのコラム集