[コラム] あの画伯ゆかりの店で巨大唐揚げそば  2019.04.19
 駅のホームの立ち食いそばといえば、時間がない時に入って大急ぎで食べ、味は二の次、というイメージが強いですが、ここは異色の立ち食いそば店で、わざわざ遠方から訪れる人も多いというところ。場所はJR常磐線から成田線が分岐する我孫子(あびこ)駅のホームです。
 店名は「弥生軒」。創業は昭和3年だそうで、当初は我孫子駅構内の弁当販売を業としていたのが、今は駅構内のそば店営業に徹しており、快速下りホームに2軒、上りホームに1軒、隣の天王台駅に1軒あります。なによりもここの名物は、平成のはじめごろから始めたという唐揚げそばです。
 何が特異かというと、その唐揚げがとにかく巨大なのです。唐揚げが1つ乗ったそばが400円、2つだと540円ですが、1つでも丼いっぱいのビジュアルです。ただ大きいだけではなく旨い!。唐揚げも天ぷらも麵もつゆも自社工場での自家製とのことで、駅そばとは思えない満足感を味わえます。2つ乗せを頼もうとしたけれど躊躇して1つ乗せにしましたが、それでも満腹でした。唐揚げだけでも販売しており、持ち帰り用に買っていく客も多く見られました。
 弥生軒は、「裸の大将」として知られる放浪画家、山下清が戦中の昭和17年から5年間働いていたことでも有名です。食料難の時代で、当時弁当店だった弥生軒に行けば食うに困らないとのことで、住み込みの従業員として雇われ、実直に働いたそうですが、ある日突然放浪の旅に出てきっちり半年後に戻ってくる、ということを繰り返したようです。
 戦後、有名画家になった氏に弁当の包装紙の絵を依頼したところ、春、夏、秋の我孫子の風景まで描いたところで49歳で亡くなってしまい、冬の風景がない、というのも話題です。各店の入口にはその絵入りのメニュー表が掲げられています。
 鉄道駅の構内店はチェーン化が進み、飲食もJRなど鉄道会社系の店に統一される傾向が強い中、地元発祥で続いている「弥生軒」のような店は今や貴重な存在です。名物巨大唐揚げとともに長く続けていってほしいと思います。
 ところで我孫子駅は車両基地も控える分岐駅で、かつては上野を出た長距離急行列車の最初の停車駅、帰省ラッシュなどで上野駅に余裕がない時は我孫子始発の東北方面行き臨時列車も運転されたほどの拠点駅でしたが、今は急行を格上げした特急の停車も隣の柏駅に移行し、特別快速さえも通過するという地位低下ぶりです。人口13万人の都市にしては少々かわいそうな気もします。
 我孫子は、大正から昭和初期にかけて手賀沼近くに志賀直哉や武者小路実篤をはじめ多くの文人が居を構え、「北の鎌倉」と称された地でもあり、そうした文化の香りを求めての湖畔散策もお勧めです。そして駅で巨大唐揚げに挑戦してみてはいかがでしょうか。


名物「唐揚げそば」(これで1つ乗せ。2つだと麵が見えない)

下りホームの店舗

■ トップページ


■ Column

今月のコラム

■ Back_number

2006年8月~2019年3月までのコラム集